性行為しなくても性病に?トリコモナス症が意外と怖い

プールで泳ぐ男性 性病としての認知度が高いトリコモナス症ですが、原因は原虫にありますので環境によっては性行為をしなくても症状が出てしまう可能性があります。
メカニズムとしては原虫が性器の中に入り込んでしまうことから、炎症を引き起こして症状が現れます。
原虫は洗っていない不潔なタオルに潜り込んでいたり、もともと衛生的に注意が必要なトイレの便器、あるいは浴槽などにも潜んでいる可能性があります。
事前の対策としてはもちろん定期的に掃除を行い、日常生活で使う箇所は清潔に保つということに越したことはありませんが、最善の注意を払っていたとしても感染の可能性はゼロにはなりません。

特に幼児に多い感染の原因は、プールです。
プールはそれなりの消毒はされていますが、多くの人間が出入りをするので衛生的にかなり厳しいものがあります。
また、幼児用のプールではうっかり小便を漏らしてしまう子どもがいて、多くの人はそれに気づかずに水の中を泳いでいます。
原虫は排尿した際に出てくることもありますので、水の中を漂いながら他の子に感染するというケースがあります。

トリコモナス症の症状としては尿道から膿がでたり、排尿の際に違和感や痛みを感じるものがあります。
男性の場合は尿道が炎症を起こしたり、前立腺にも影響を及ぼす可能性があります。
女性の場合はさらに子宮頸管を炎症させることもありますので、性行為の際に激しい痛みを覚えることがあります。
ただし、女性の場合はまったく症状が表に出ないケースもあるので、放っておくと悪影響が卵管にまで及んで、妊娠に支障をきたす恐れがあります。
自分に症状が現れなくても、パートナーに異常があったときは例え性行為の事実がなかったとしても感染を疑った方が懸命といえます。
ウイルスとは異なりますので、的確に処置をして治療をすれば比較的簡単に治るのがトリコモナス症ですので、怖がらず、できるだけ迅速に然るべき医療機関へ相談することをおすすめします。

トリコモナス症を治療するならフラジールを選ぶ

便器や浴槽、タオルなど、毎日使用するものからも感染の恐れがあるトリコモナス症ですので、治療に関する正しい知識を学んでおいて損はありません。
トリコモナス症に最も効く薬としてはフラジールが挙げられます。
フラジールは原虫を攻撃する殺虫成分のメトロニダゾールを含んだ特効薬です。
メトロニダゾールは抗菌の能力にも優れていて、原虫を除去した後に出てくる膿なども綺麗にしてくれます。
注意すべき点としては、一時的に血中濃度を上昇させる働きがあるので、肝機能に何らかの問題を抱えている人は必ず医師に申告する必要があります。

また、服用中の薬があると、種類によってはお互いの成分が戦い合ってしまい、能力を相殺させてしまう可能性があるのでこの場合も相談が必要です。
持病やアレルギーを持つ人は必ず、処方の際の注意事項を理解しておきましょう。
トリコモナス症の治療としてフラジールを選ぶ場合は、基本的に成人で250mgを1日に2回服用することが推奨されています。
原虫が体内から完全にいなくなるまでは、個人差もありますが平均して10日間ほどが見込まれています。

副作用の報告はあまり多くありませんが、稀に食欲不振や倦怠感を主張する人もいるようです。
激しい腹痛や下痢、血便などが合った場合はすぐに使用をやめて、医師に相談しましょう。
命を脅かすほどの病気ではありませんが、妊娠中の女性は細心の注意が必要です。
治療が手遅れになると早産や流産の原因になってしまいます。
きちんと検査を受ければ、その結果は2日から3日ほどですぐに分かりますので、チェックをしておいて損はありません。
また、フラジールは市販の治療薬ではありませんので、医療機関による処方でなければ手に入れることはできないことも知っておきましょう。