ジスロマックのジェネリック医薬品アジーは価格が安い

30%オフの価格 ジスロマックのジェネリック医薬品である「アジー」は、ジスロマックと同様「アジスロマイシン」という成分が配合されております。このアジスロマイシンは歯周病などといった感染症の治療にも効能があり、抗生剤として使われることが多いものです。
そしてアジーは通販で購入する際、ジスロマックのだいたい3割程度の低価格で購入することができるようになっております。
このようにアジーはジスロマックに比べ、価格が安いため治療費を格段におさえられる希望を持つことができるようになったのです。そしてジェネリック医薬品が広く知れ渡ったことも関連して、アジーの処方を希望する人も増えてきています。
またアジーは有効成分においても、先発医薬品であるジスロマックと同じなので、適応菌種や適応症、副作用の症状などもほとんど変わりません。
もともとこのアジーの限らず、ジェネリック医薬品はすべて先発医薬品と、その効果や効能、品質や安全性に至るまですべて同じであることが認証されない限りは、医薬品として認められず認可もおりないのです。

そしてその肝心の先発医薬品の品質ですが、ジスロマックだけでなく普通、新薬は一つの種類の薬品あたりに数百億円にもなる莫大な費用をかけて開発しております。また開発期間においては、およそ10年から15年ほどの長い歳月がかけられているのです。
その過程はまず有効成分を発見し、創造からはじまっていきます。そして膨大な回数の非臨床試験や臨床試験の結果やデータをまとめた資料を多数作成し、それを審査にかけます。
しかもそのなかで新薬として認可がおりる確率はなんとすべての審査対象中の0.006パーセント程度であるといわれているのです。さらに承認がおりた後にも市販後の評判などをふくめた調査、そして再審査制度などといった厳しい審査があるのです。
このようなことを考えると、新薬をたった1種類開発し市場に出回るようにするまでが、いかに大変であるということだけでなく、いかに高い品質や有効性、それに安全性が確保されているかということが、わかっていただけると思います。

ジェネリック医薬品の効果は先発医薬品とほぼ同じ

低価格で評判のジェネリック医薬品は、先発医薬品と同様の有効成分を同じ量配合されており、効果や効能、用法や用量にほとんど変わりはありません。
また先発医薬品と治療学的にも同じものという扱いなので、当然、先発医薬品と代替も可能な医薬品として使うこともできるのです。
そしてジェネリック医薬品として認可されるには、必要なデータをもとに厳しい審査を行い、それらをすべてクリアし承認されなければいけないのです。そうして初めて市場に出回り、処方もされるようになるのです。
ですがこのジェネリック医薬品は先発医薬品と完全にまったく同じであるわけではないこともあります。たとえば先発医薬品に製剤特許がおりているケースでは、ジェネリック医薬品は先発医薬品とは違う添加剤を使うこともできるのです。
とはいえ先発医薬品とは違う添加剤を使うことがある場合でも、日本薬局方における製剤総則の規定によって、薬理作用が働いてしまったり、有効成分の治療効果を妨害するような成分などを添加剤として使うことはできないようになっております。
使用前例があり、なおかつ安全性もじゅうぶんに確認された添加剤だけが使われているのです。

もし使用前例がまったく無いような添加剤を薬に使うような場合には、事前に添加剤の毒性試験というのを実施しなければなりません。
そしてそれから改めて、安全性や有効性などの審査にかけなければならないのです。ジェネリック医薬品の添加剤の成分やその配合量が、先発医薬品とは多少違っていても安全性や有効性に差異が生じないようにジェネリック医薬品の承認審査では、生物学的同等性試験のデータの提出もしなければいけません。
このデータをもとに主成分の血中の濃度の変動が先発医薬品と同じであることを確認していくのです。